ジェイドリアンのカスタムブログ

フルカスタムジェイドを作っていく記録

ヘッドカバーボルト交換他

 

こんにちは。

最近は初夏の陽気のように過ごしやすくて、とても気持ちが良いですね。

ついついアクセルをいつもより開けてしまいます、、

 

 

 

さて今日はヘッドカバーボルトの交換と、テールレンズへのステッカー貼りを実施しましたので、紹介していきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

ヘッドカバーボルト交換

 

まずは現状の解説です。

 

 

f:id:JADERIAN:20210424103238j:image

 

 

上はパーツリストの写真。

5番のヘッドカバーボルトで7番のマウンティングラバーを止めています。

 

マウンティングラバーは、ジェイド用の新品はもう無いため、ホーネット250用の純正品を買って来ましたが、1年もするとオイル漏れが起きます。

恐らくサイズが微妙に違うのかと思います。

 

ヘッドカバーボルトもホーネット250用のを買って来ましたが、段付き部のサイズが合わず、ジェイドには使えませんでした。

 

 

つまるところ、

ヘッドカバーボルトとマウンティングラバーは、新品での補修が不可能な部品と言う事になります。

 

 

ラジエーターホースに次いで、こんな細かい部品までが新品で補修できないなんて、、困ったものです。

 

 

 

新品が無いならDIY

 

DIYにて補修をすることにしました。

 

f:id:JADERIAN:20210424103228j:image

 

 

部材を挙げます。

1.M6x20 六角穴付きボタンボルト(鉄のメッキ品)

2.M6スプリングワッシャー(鉄のメッキ品)

3.M6平ワッシャー(鉄のメッキ品)

4.M6用シールワッシャー

5.M10平ワッシャー(鉄のメッキ品)

7.純正のマウンティングラバー

 

上記のような構成になっています。

 

 

わざわざ鉄のメッキ品と記載したのは、エンジンはアルミなので、ステンレスを使うと良くないと言う事だったので、鉄の物を使いました。

 

 

4番のシールワッシャーはこのような物です。

f:id:JADERIAN:20210424104754j:image

 

 

M6にM10の平ワッシャーを入れるので、センターがずれないように押さえながらゆっくり締めます。

M6用のデカいワッシャーもあるので、それを使っても良いと思います。

ようはマウンティングラバーを潰せれば良いため、そこは手頃な物をお選びください。

 

ただ潰すだけだと、ワッシャーとネジの間からオイルが漏れてくるため、シールワッシャーで対策すると言う形を取りました。

 

 

 

 

上の処置をヘッドカバーボルト6本全てに適用します。

f:id:JADERIAN:20210424105014j:image
f:id:JADERIAN:20210424105011j:image

 

 

プラグコードを抜いて作業される場合は、マスキングテープで穴を塞いでください。

 

M10のワッシャーが落ちると、取るのがとても大変です、、、

(私は2枚も落としてしまいました、、)

 

丁度、プラグの外径が10mmのようで、そこにはまってしまいピンセットでは取れず、プラグレンチのふちに両面テープを貼って、なんとか摘出しました。

 

それだけで2時間かかりましたので、皆さんはご注意下さい、、、

 

 

 

このボルト交換の処置でオイル漏れがピタっと止まりますので、お悩みの方はぜひ実践されて下さい。

 

 

 

 

 

テールレンズへステッカー貼り

 

次に、テールレンズにステッカーを貼ったのでご紹介します。

(ナンバープレートは画像加工していますので、気にしないで下さい)

f:id:JADERIAN:20210424105807j:image

f:id:JADERIAN:20210424110347j:image

 

 

最近ではパワフィル化したことで速く走れるようになり、スクーターや単気筒の車種を追い抜く事が多いため、よくお尻を追われます。

 

その時になんだこのバイクは?とならないよう、名札として「JADE」のステッカーをテールレンズに貼りました。

ダイソーで金字のアルファベットのシールが売っているので、オススメです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

直近の記事が、プチプラの自己満カスタムの紹介ばかりで申し訳ありません。

しかし、こう言う細かいところこそ、こだわってナンボだとも思いますため、これからも頑張ります!笑

ここにこんなの使ってるなど、プチプラカスタムをされている方はぜひ教えてください!

コメントお待ちしてます。

ステアリングダンパー取り付け

数年前、NHKのステアリングダンパーを中古で1万円ほどでしょうか、買ってきて付けていた時期がありました。

ステーやカラー付きのフルセット、そんなに使用感も無く、お得な買い物だったなぁと、今は思います。

 

 

しかし、ステダンを付けていた友達がツーリング先で立ちゴケしてしまった際、ステダンのロッドが曲がってしまい、ハンドルが動かなくなりレッカーを呼んで帰宅したと言う話を聞いて、そんな危険な物を付けていたのかと思っていた矢先、私も自宅でこかしてロッドが曲がり、これは売っぱらって他のパーツを付けた方が良いなと言うことで、手放してしまいました。

 

 

 

なぜまたステダンを付けようかと思ったかと言うと、つい先日、自宅近くの世田谷通りですれ違ったZ400FXに付いていたステダンに惹かれてしまいました。

 

私もすれ違った人に良いなと思ってもらえるよう、ステダンをもう一回付けてみようと思い立ったのがキッカケです。

 

 

 

 

今回もまず最初にアリババにてステアリングダンパーを物色。

2000円、送料無料の商品があったので、早速注文。

 

f:id:JADERIAN:20210411162615j:image

 

 

 

 

 

しかし、ジェイドに合わせてみると、ストローク量が足りない、、、

20日も待ったのに、これはショックすぎます、、

f:id:JADERIAN:20210411162754j:image
f:id:JADERIAN:20210411162750j:image

 

 

NHKのホームページを見ると、どうやらジェイドにはストローク量130mmのステダンが合うようだと分かりました。

今回買ってきた物は90mm程度とストローク量がそもそも足りないことが発覚し、下調べの足りなさ、見切り発車の後悔がすごかったです、、

 

 

 

アリババのステダンを販売しているストアに片っ端からストローク量を問い合わせましたが、130mmを超える物がありませんでした、、

 

 

 

そのため、急遽ヤフオクで中古品を探し、落札してきました。

どうやらBMWの車両の純正品だそうで、抜けがあるため格安にて販売していました。

 

 

 

 

それを黒く塗装してオーリンズのステッカーを貼って、完成です!

 

f:id:JADERIAN:20210411163042j:image
f:id:JADERIAN:20210411163050j:image
f:id:JADERIAN:20210411163047j:image

 

 

 

黒い車両に黒いステダンだとあまり映えませんが、シックにまとまっていて良いのかなと個人的には満足しています。

 

 

 

取り付けですが、良い感じの取り付けブラケットが付属していたので、私が用意したのはホームセンターで買ってきた適当なステーだけです。

f:id:JADERIAN:20210411165044j:image

 

 

それをNHKのステーと同じく、シリンダーヘッドのネジで固定しました。

 

ここからはエンジンオイルが出てくるため、ワッシャーを工夫しないとベトベトになるため、より注意して作業しました。

 

フラグの穴にM10のワッシャを落としてしまい、取り出すのに1時間かかってしまったのは予定外でした。

プラグレンチのフチに両面テープを貼り、ワッシャを救出。

2枚も落としてしまったため、次回作業する際には気を付けたいと思います。 

 

 

 

 

ヤフオクで落札してきたBMWのステダンですが、ストローク量が165mmとのことで、ジェイドに付けたらストロークが余るのかなと思いきや、ピッタリでびっくりしました。

 

ジェイドに汎用品のステダンを取り付ける際には、165mm程度のストローク量の物を買うようにして下さい。

 

 

 

 

失敗したステダンの金額を合わせても6000円で済んだ今回のカスタム。

硬さ調整も無く、抜けもあるので、完全に見た目にステータスを振った ただのドレスアップですが、良い感じに付いて良かったです。

フォークガード作成

自家用車のために妻が買ってきたカーブラシの箱を捨てようと思った時、これは!と思いつき、フォークカードを作りました。

 

f:id:JADERIAN:20210323175400j:image

 

 

 

 

適当にそれっぽく切って、仮組みしてみます。

 

f:id:JADERIAN:20210323131850j:image

 

おぉ!いい感じ。

スタビライザーのクランプ部分とアウターチューブの間に挟んであります。

黒く塗装したら、なかなか良いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

このまま塗装してもすぐに塗装が剥がれてしまうので、#100のペーパーで適当に両面へ足つけをし、艶消し黒のスプレーを吹いて完成です。

施工時間10分!

 

f:id:JADERIAN:20210323132026j:image
f:id:JADERIAN:20210323132019j:image
f:id:JADERIAN:20210323132023j:image

 

 

 

ホームセンターで板厚1mmの黒のプラ板を買ってこようかと思いましたが、ハサミで簡単に加工するのが難しく、そもそも固定方法がスタビライザーとアウターチューブの間に挟むため、板厚が1mmもあると挟めない可能性もあるため、ゴミになるプラパッケージを切ってくるくらいが丁度いいと思います。

 

カーブラシの外箱の他にも、スーパーの惣菜弁当の容器やおもちゃのパッケージにも同じような薄いプラ板が使われているため、気軽に加工できます。

 

 

チタン製で1万とか2万するものや、CB400SFの純正品タイプの物だと、スタビライザーが付けれなくなるため、このプチプラカスタムはスタビライザーを付けている人にはオススメです。

 

再びパワーフィルター装着

前回の記事で、ニダボの純正ファンネルを取り付けたところまで来ましたが、結局、どうしても2速-12000rpm付近でたまに出る失速する症状が改善しませんでした。

 

 

これはもうジェットニードルを細いものに交換するしかないかなと思い、アリババで手配した細いニードルが来るまで、パワーフィルターを付けたらどうなるかを検証しました。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンネル取り外し

 

パワーフィルターを装着するにあたり、まずはニダボのファンネルを取り外しました。

その後、ジェイド純正のインナーファンネルを取り付けるのがベターだと思いますが、無くても良いんじゃないかと思い立ち、インナーファンネル無しで、パワーフィルターを取り付けてみました。

 

f:id:JADERIAN:20210322112303j:plain

f:id:JADERIAN:20210322112322j:plain

 

 

インナーファンネルが無いことで、より吸気効率が良いのではと思ったのですが、パワーフィルターを取り付けている時点で意味があるのかというところです。笑

 

 

 

 

 

 

 

試走

 

試走をしてみましたが、見事に2速-12000rpmでたまに出ていた失速する症状が改善していました。

やはり、吸気量に対する燃料の量が足りていなかったようです。

 

新しいニードルを採用するにあたり、良いデータが取れたと思います。

 

1速でもしっかり15000rpmまで(バージョンSメーターでの読み値)回っていたので、パワフィル化によって高回転域への影響は出なかったようです。

 

 

ただ、低回転域(アイドリング~6000rpmあたりまで)では濃いようで、アクセルに対するレスポンスが鈍いです。

 

プラグの焼け方も低回転が濃い焼け方になっていました。

 

パワフィル化によって濃くなってしまったようです。

パイロットジェットを#45→#42に落として、パイロットスクリューを2回転戻し程度にすればいいのかなと思います。

 

 

f:id:JADERIAN:20210322113421j:plain

f:id:JADERIAN:20210322113448j:plain

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

パワフィル化によって失速する症状が改善しましたが、もう一度パイロットジェットとパイロットスクリューの調整が必要になりました。

 

しかし、アリババで購入して到着待ちとなっている新しい細いニードルへ交換もするので、しばらくは今のセッティングで運用していきます。

 

ファンネル仕様で、PJ:#42、MJ:#145の仕様でも失速症状が出ている情報もあるため、メインジェットを上げるよりも、ニードルを細くすることが必要そうです。

 

 

新しいニードルが到着して、検証ができたタイミングでまた記事を作成し報告します。

 

f:id:JADERIAN:20210314222538j:plain

 

↑ ↑ ↑  到着待ちの新しいニードル

 

 

ジェイド純正品よりもちょっと細く、クリップによって浮かせる量が調整できるので、使い勝手が良さそうです。

ただし、クリップは付属していないため、実測して合うクリップを買ってくる必要があります。

 

ニードルの交換はキャブレターをおろす必要が無いため、気軽にできるのがとても良いです。

到着を楽しみにしています。

 

 

ファンネル変更

今日の神奈川県北部は夏か?と言うくらい暑く、久しぶりに日中半袖で、作業も気軽にできて気持ちがいい日でした。

 

 

 

さて、今日はファンネルを変えたので、その紹介をしたいと思います。

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

きっかけ

 

まず、ファンネルを変えるきっかけとなったのは、ツイッターでフォロワーさんがお使いのファンネルを教えて頂いた事でした。

 

CBR250RR MC22のファンネルを使ってるとの事で、僕の中ではとても斬新なアイデアでした。

 

ニダボのファンネルならジェイドにポン付けでしょうから、仕上がりも綺麗だと思われます。

今の純正ルック仕様にはもってこいです。

 

 

 

 

 

 

ニダボファンネル

 

CBR250RR  MC22 通称:ニダボ はレーサーですから、ファンネルにまでこだわって設計されたのも頷けます。

 

早速ヤフオクで見てみると、とてもいい商品がありました。

出品者に4個欲しいと言うと、あなた様のために2個口を2個出品するので、ゾロ目の日のクーポンを2回使って安く買って下さい。となんとも丁寧な解説をして下さり、結果として200円安く購入する事ができました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

手元には翌々日に到着。

発送も早い!

f:id:JADERIAN:20210314221354j:image
f:id:JADERIAN:20210314221404j:image
f:id:JADERIAN:20210314221411j:image

 

 

 

新品で送料無料です。

3500円で購入できました。

素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け

 

取り付けは、ジェイド純正のインナーファンネルを外して付け替えるだけです。

 

f:id:JADERIAN:20210314221636j:image
f:id:JADERIAN:20210314221641j:image
f:id:JADERIAN:20210314221631j:image
f:id:JADERIAN:20210314221645j:image

 

 

 

付け替えた後に知りましたが、ニダボには前期型と後期型があり、前期型ではショートファンネルとロングファンネルが2個ずつ付けられており、後期型はロングファンネルのみが付けられているようです。

 

今回購入したのはロングファンネルx4個でしたが、もしショートの方を買っていたら取り付かずに泣いていたと思います。

下調べをせずに見切り発車をすると本当に危険です。

今回は奇跡的にロングを買ってこれましたが、今後は注意したいと思います。

 

ジェイドにはロングしか取り付きません。

ショートも付くでしょうが、ニダボ前期のファンネルホルダーを買ってくる事になりますので、ご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

試走

 

f:id:JADERIAN:20210314222108j:image

f:id:JADERIAN:20210314222157j:image
f:id:JADERIAN:20210314222149j:image

 

 

簡単に15分程度走ってみました。

前回実施したジェットニードルの嵩上げもいい感じでしたし、今回のファンネルの感触もとてもいい感じです。

 

加速にトルクを感じます。

高速域の伸びも良いので、とても良い買い物でした。

 

ジェイドにはニダボのロングファンネルをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

ジェットニードル流用

 

感触は良いとは言え、ジェットニードルの嵩上げのためにワッシャーを6枚も突っ込んであるのはどうなんだろうかと思っていた矢先、アリババで「ジェットニードル」と検索すると良い物がありました。

 

f:id:JADERIAN:20210314222639j:image
f:id:JADERIAN:20210314222538j:image

 

 

これの40mmタイプが、ジェイドのジェットニードルより少し細く、しかもクリップで高さを調整できるタイプなので、すぐさま購入しました。

 

 

ただ、4本で200円なのか、1本200円なのか不明だったので、安いこともあり4個購入しました。

ひょっとしたら16本来るかもしれないので、そしたらヤフオクに流そうと思います。

 

 

クリップが同梱されていないようなので、到着したらクリップ溝のサイズを測って、適合するクリップを買って来たいと思います。

これならワッシャーもいらないですし、少し細いので、また違ったフィーリングが味わえると思います。

アリババ最高です。

ありがとう!