ジェイドリアンのカスタムブログ

フルカスタムジェイドを作っていく記録

ジェイド 左出しマフラー化

こんにちは。

 

暖冬ということで、夜の作業が昨年よりもやりやすく、とても助かっています。

 

 

 

今年のジェイドの仕様として、セパハン+丸目ライトを打ち出し、アンダーカウルや2本出しマフラーをキャンセルしました。

 

 

腹下でぶった切った純正マフラーですが、このままでは爆音状態ですため、テールパイプをどう這わせるか導線をずっと考えていました。

 

色々とパイプやパイプアダプターを購入してみましたが、腹下から右側に見た目よくテールパイプを這わせることのできる部品がありません。

 

マフラーカッターを付けようかとも思いましたが、安価に消音する方法が思いつきませんでした。

 

 

 

そこで、左出しに挑戦してみることにしました。

 

ヤフオクを見てみると、さっそく良さそうな商品がありました。

 

 

f:id:JADERIAN:20200122211603j:image

 

 

腹下で切ったエンドの直径は54mmです。

また、既に所有しているST2のテールパイプの1次側は直径50.8mmに対応しています。

 

このL字の部品は、切れ込みの入っている側の外径が56mmとのことで、肉厚が1mmもあるようには見えないため、内径は54mmよりも大きいと思います。恐らくジェイドのマフラーエンドに刺さるのではないかと考えました。

反対側は外径50.8mmと言うことで、ST2のテールパイプを刺せそうです。

 

 

もう一つ、

ST2のテールパイプは50.8mmのパイプの内側に差し込むようになっています。

 

しかし、メスにオスを刺す構造だと接続部から排気漏れをしていたので、今回はアダプターを介してオスにメスをかぶせるように接続します。

 

f:id:JADERIAN:20200122213048j:image

f:id:JADERIAN:20200122212237j:image

f:id:JADERIAN:20200122212240j:image

 

 

この部品は、50.8mmのパイプを差し込め、直径45mmに変換できるアダプターです。

ST2のテールパイプの内径が45mmだったため、オス-メスの関係を逆にでき、これを組み込めば排気漏れが無くなると思われます。

念のため、液体ガスケットを塗ってから組む予定です。

 

f:id:JADERIAN:20200122213250j:image

 

 

 

 

まだ部品が全て揃っていませんが、

理想はこんな感じを予定しています。

(写真加工アプリで合成しました)

 

f:id:JADERIAN:20200122214001j:image

 

 

ショートサイレンサー化は引き続き検討していきますが、ひとまず2本出しで使っていたサイレンサーを付けますので、下の画像のような感じになるでしょうか。

 

f:id:JADERIAN:20200122233049j:image

 

取り付け角度やステー類も小変更を考えていますが、まずは部品を全て揃えて、実車に合わせて細かいところを調整できればと思います。

 

懸念点としては、L字のパイプが完全に90度ではなく、80度くらいの曲がり方のため、スイングアームに溶接したスタビライザーに当たってしまう事です。

心配だ。。

 

 

 

2020.01.25 追加

45-50.8の異径アダプターは到着したのですが、L字に折れ曲がるパイプの到着が遅く、ストアに問い合わせました。

 

どうやら、台湾の倉庫にあるようで、旧正月の影響で発送は2月10日頃になるみたいです。

少し残念ですが、待つしかありません。

 

ただ待つのもアレなので、家に転がっていた50.8mmのL字パイプを接続して、シミュレーションしてみました。

f:id:JADERIAN:20200125164616j:image

異径アダプターは予定通りです。

45mmの部分は少し長さを調整するかもしれません。

 

あと2週間程は待ちの状況となりました。

届き次第、次の記事で報告します。

 

 

 

次回へ続く