ジェイドリアンのカスタムブログ

フルカスタムジェイドを作っていく記録

カニキャリパー2個付け①

お久しぶりです。
ずいぶんと放置してしまいました。

今回はタイトルの通り、カニキャリパーを2個付けしようと考えています。

フロントはブレンボキャリパーでダブルディスク化をし、リアが純正のニッシンキャリパーでは格好がつきません。
そこで、リアもブレンボにしようと考え、色々検索してみました。





1.

イメージ 1

まず目に止まったのはゼファー用の40mmキャリパーをリアに使っている物です。
一般的にはフロント用とされているキャリパーをリアに使用するのは斬新でした。
効きも良さそうですね。






2.

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


次に注目したのは、カニキャリパーをリアに2個付けした物でした。
ゴツくてカッコよく、効きも良さそうです。




この2種類のどちらにしようか悩みましたが、やはり難しい方に挑戦しようと、カニキャリパーを2個付けする方式にチャレンジしてみようと思いました。

しかし、そのためにはキャリパーサポートの設計が必要になります。
以前、ジェイド純正サポートを計測し、カニキャリパーを1個付けられる物はCAD上で作図していました。

今回は2個付けなので、再設計です。
しかし、ただ2個付けるのはつまらないので、現在のVTR1000FのリアホイールにCB400SFのΦ240mmディスクが付くことが分かっていますので、ディスク径もジェイド純正Φ220mmからΦ240mmにサイズUPを図ります。



カニキャリパーが2個付けられて、Φ240mmディスクに対応するキャリパーサポートをCAD上で作図してみました。
イメージ 2

正面図と側面図の関係が成り立っていませんが、ひとまずはこれで良さそうです。

キャリパーサポートはタップ加工、黒アルマイト込みで21000円、カラーなどを合わせても25000円程度で済みそうです。


あとの問題はキャリパーですが、先日オークションで何とか競り落としました。
イメージ 6

旧カニ32mm(左)と、新カニ34mm(右)です。
両方とも新古品、送料込みで8000円ずつでお釣りが来るお値段でした。

カニはピストン径とホース位置がイマイチですが、ブレンボとしっかり表示され、見た目が良いです。
今回は文字が読めるよう、上側に取り付けます。

カニは下の位置に設置しても、ロゴマークだけなので字が逆になるのも気にならず、ホース位置も側面なので使いやすそうです。



来月の初旬にキャリパーサポートとカラーを注文し、中旬から取り付け作業の予定です。
夏本番までには試運転まで行いたいと思います。
キャリパー2個付けなので、ディスクへの熱ダメージが気になりますが、まずはやってみようと思います。

マスター径はジェイド純正14mmから変更しないので、ディスク径の増加も手伝い、リアブレーキの効きが格段に良くなりそうです。